「ほっ」と。キャンペーン

いつのまに秋。

空に向かって。
c0169870_1653685.jpg


その足元では、桜葉が落ち始めました。
c0169870_16584779.jpg


向かいの田んぼでは、稲穂が重そうです。
そろそろ稲刈りでしょうか。
c0169870_16591597.jpg

(後ろの「アジサイ」は私たちが挿し木したもの。大きくなりました。)

いよいよ実りの秋ですね。
c0169870_17172831.jpg

今年は少なめですが、「葡萄」や「キーウイ」が食べごろです。
c0169870_170736.jpg


柴栗」も楽しみですが、
c0169870_1702862.jpg

このイガはなかなか腐らないので、
ひとつひとつ拾い集めて、敷地の穴に埋めるのがタイヘンです。

ちょっと熟した「」をたくさんいただきました。
c0169870_1705620.jpg

で、せっせと皮を剥いて「ジャム」作り。
とても甘い梨なので、砂糖はかなり少なくしましたが、
美味しくできあがりましたよ。
c0169870_172548.jpg


そうそう、我が家の「」はたった一個だけでした。 悲)
c0169870_1711971.jpg


月並みですが、一年の巡りは早いものですね。
c0169870_1714194.jpg

[PR]
# by nasutombo | 2016-09-16 17:05 | 暮らし | Trackback | Comments(4)

ちょっとひと息。

c0169870_1337731.jpg

毎日毎日雑草との闘いでは、ほとほと嫌になってしまいます。

で、急きょ宿をとって、福島県南会津地方の「檜枝岐村」に行ってきました。
日本有数の豪雪地帯・秘境です。
去年、那須から会津地方のスキー場に行ったとき、
あまりの雪の多さに、この道の先に人の暮らしは無いんだろうなあ・・・
って思った場所でした。

そこは、平家の落人が住み着いたのではないか、と思われるような、
周りを山々に囲まれた、ひっそりした村です。
c0169870_13374252.jpg


ここに、国の重要有形民俗文化財に指定されていて、
260年以上村の人々が上演している「檜枝岐歌舞伎」があります。
c0169870_13383643.jpg

なんと、観覧席は急な石段席です。
c0169870_13391536.jpg

三日後には「奉納歌舞伎」が開催されるとか。
いつか、その伝統芸能を観てみたいものです。

その入口には、巨大なハサミが供えられていました。
c0169870_13393875.jpg

ハサミを奉納すると、縁結びと悪縁切りのご利益があるそうな??
c0169870_13463684.jpg


翌日の帰りには、「前沢曲家集落」にも寄ってみました。
c0169870_1357660.jpg

馬とともに生きる暮しに思いを馳せました。
c0169870_13572332.jpg


今回は温泉巡りが目的で、
宿の温泉のほか、二か所の公衆浴場にも入りましたよ。

急な予約でとった宿は、ペンション風のロッジ。
c0169870_135873.jpg

オーナーは、スキーに登山にゴルフ好き。
すっかり意気投合してしまいました。

車中から見る景色には、一面、蕎麦の花が咲いていました。
名物の「裁ちそば」を食べる時間はありませんでしたが、
宿の夕食で、手打ちそばも食べられました。

この村は、福島県側の「尾瀬」の入り口です。
今度は秋の登山に来たいね、
と、今から楽しみが膨らんだのでした。
c0169870_1340245.jpg

[PR]
# by nasutombo | 2016-08-30 14:20 | 遊ぶ | Trackback | Comments(4)

晩夏の花たち

サンジャクバーベナ」の上で何思う?
c0169870_11175017.jpg

香り高い「バラ」の中もいいね。
c0169870_11261981.jpg


ガーデンの縁は、小花たちが彩ります。
c0169870_11191390.jpg


エキナセア」が大きくなりました。
c0169870_11201271.jpg


四季咲きの「バラ」も次から次へと咲いています。
c0169870_11374298.jpg



c0169870_11223624.jpg


その足元を飾る、矮生の「ガウラ
c0169870_11235100.jpg

元来の「ガウラ」は大きく枝垂れるのですが、
背が低いピンク色が、蝶が舞うように風に揺れます。
c0169870_11254027.jpg


二番花の「ジキタリス」が今だ咲いていますが、
c0169870_11193816.jpg


早くも「シュウメイギク」が咲きだしました。
c0169870_11182272.jpg


そろそろ秋の気配を感じる庭です。
[PR]
# by nasutombo | 2016-08-22 11:28 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

夏野菜2016

那須の朝は、とんでもなく早い。
都会では7時過ぎまでベットの中なのに、
ここでは5時前には目覚めてしまう。
で、朝早くから野菜の収穫をする。

今朝、菜園で採れた野菜たち。
c0169870_1275930.jpg

このほか、「茗荷」や「オカヒジキ」「インゲン」なども採った。

ようやく収穫できた「パプリカ」の、なんともデカイ!こと。
c0169870_1283115.jpg


今年の夏野菜は、まずまずの出来のようだけど、
なぜか「トウモロコシ」がまったくの不調。
c0169870_1285988.jpg

たぶん全滅だろう・・・。 悲)
なので、友人畑の「トウモロコシ」を恵んでもらっている。

初めて作った「白ナス」は、へたのトゲが痛くてご用心。
でも、とっても柔らかくて美味しい。
c0169870_1293944.jpg


今年も雨除けのビニールをかけなかったのに、
大きな「トマト」が次から次へと出来て、嬉しくなる。
c0169870_1210464.jpg

しっかり者が、その「トマト」の成長過程で取ったわき芽を捨てないで植えたら、
充分育ってきて、これから秋まで楽しめそうだ。
c0169870_12103310.jpg


今年は間引きしないでそのまま育てた「オクラ」は、
c0169870_12105594.jpg

おかげで毎日たくさん収穫できる。

「オクラ」の成長は早く、採り遅れると固くて食べられない。
もし留守中、大きくなってしまったものがあったとしても、
そんな中にも適当な食べごろもあるだろう。
そう、たくさん有ればガッカリ度も下がるというものだ。

オクラの花」は、世界一美しい野菜花だそうだ。
c0169870_12111530.jpg

その実の切り口も、造形がなかなかきれいだと思う。
c0169870_12113584.jpg

たくさん採れる「オクラ」はせっせと刻んで、冷凍保存にしておこう。
血糖値の上昇を防ぐなど身体にいい、と先日TVでも言っていたし・・。

この葉っぱは何?? 葉を食べるの? って分からなかった野菜は、
じつはボルシチでお馴染みの「ビーツ」だった。
c0169870_1212092.jpg

菜園担当者がノートに書いていたのに、すっかり忘れていたのだ。
早々に葉っぱを食べなくて良かったね。 汗)
さて、サラダで食べようかな。

お盆には間に合わなかったけれど、「スイカ」の収穫もまもなく。
c0169870_12122079.jpg


こぼれ種から育った「マリーゴールド」に囲まれた菜園では、
c0169870_12124511.jpg

まだまだ楽しみが続きそうだ。
[PR]
# by nasutombo | 2016-08-16 12:17 | 菜園 | Trackback | Comments(4)

優しい春色

c0169870_23153263.jpg

東京からひと月遅れで、「モッコウバラ」が満開になった。

このバラは、東京の家で挿し木して、ここに植えたのだった。
寒さのせいか、こちらのは花びらが小さい気がする。
最初は野ウサギ君に齧られたりして、なかなか大きくなれなかったけれど、
今では、もっと頑丈なアーチにすればよかった、と思うほど旺盛な姿になった。
c0169870_2316170.jpg

さあ、バラの季節の開幕だ。

ライラック」の花も満開だ♪
c0169870_23162924.jpg

あたり一面に、甘くいい香りが漂う。
だから、蜂や蝶たちがひっきりなしにやってくる。
c0169870_23173019.jpg

そのせわしい光景は、見ていて飽きない。
この木も、いつのまにか大きくなった♪
c0169870_23295232.jpg


ピンクの「オオデマリ」も優しい存在。
c0169870_2318324.jpg


気づきが多いこの季節が、なによりも大好きだ。
[PR]
# by nasutombo | 2016-05-17 23:22 | ガーデニング | Trackback | Comments(6)