薪小屋作り

ここでの薪作りはもう何年もやっていて、一応ビニールシートを被せてはいたけれど、
訪れるたびに、風でシートがはずれていて野ざらし状態になっているのを目にした。
秋になると、東京の家に運んだり、友人にあげたりしていたけれど、朽ちていく薪も多かった。
c0169870_23331865.jpg

また、建築中にも近所の先輩からお声がかかり、切って割って薪にしたのが山になっていた。
なので、竣工早々に屋根付きの棚を作成してほしかった。

作ったのは「薪小屋」。 あくまでも「薪棚」ではないそうな。

この工作は、けっこう大変な作業だった。
まず、地面をならし、土台を置く。
c0169870_2333552.jpg

そして、支柱を垂直に立てるのが一苦労。
c0169870_23395650.jpg

機械に頼らない微妙な作業で、支えていた私の顔に倒れてきて悲鳴をあげたり、ケンカをしたり・・・。
c0169870_2334147.jpg


で、2日間かけて出来上がったのが、これ。
c0169870_23353954.jpg

奥行きは薪4列分あり、かなりの量の薪を入れることができた。

あとから、竹を割って雨樋もつけた。
c0169870_23344771.jpg


しばらくして、隣に第二の薪小屋も作った。
こちらは小さめで、敷地内に残っていた細い杉の木を支柱にした。
c0169870_2336209.jpg

これでもう、苦労して作った薪が朽ちていくことはないだろう。
その小屋に薪がたっぷり詰まった光景を眺め、思わずニンマリする気持ちは、
薪ストーバーなら充分にお解かりかと思う。
c0169870_23364060.jpg

[PR]
by nasutombo | 2010-01-25 23:24 | 薪ストーブ
<< 土間と薪ストーブ まず作ったのは・・・。 >>