花壇作り

お遊び程度の畑はもう何年もやっていたけれど、今度は広いお花畑が作れる♪

まず、いちばん陽当たりがいい場所を花壇にした。
そこは無造作に木の根などが積んであった場所。 傍には、あのサクラのベンチがある。
持てないような大きな根っこはそのままにして、その上に畑の土をかぶせて小山にした。
根っこ類は、いずれ朽ちて培養土になるだろう。
肥料も足して、東京から持参した植物や地元の人から貰った花を次々に植えていった。
c0169870_1841172.jpg


敷地の片隅に残っていた細い杉を輪切りにして皮むきし、花壇の囲いにした。
c0169870_18412313.jpg

鎌で少しずつ皮を剥ぐ。
この皮むきが、意外にも時間がかかる作業だった。
c0169870_18414036.jpg

皮を剥いただけの木だからいつかは朽ちてしまうけれど、ナチュラルでけっこう気に入っている。

こちらは、アプローチの両側で、夏には落葉樹の下になる場所。
敷いてあった裂石を取り除いて土を入れ、枕木の端材や杉で囲った。
ここは「シャドーガーデン」になる予定。
c0169870_184293.jpg

とりあえず、大好きなクリスマスローズなどを植えてみた。

そのほか、無秩序に場当たり的に、あちこち掘りおこしては花壇作り。
工事用の砂利などで地面が固く、けっこう力の要る作業だった。
そして、養豚業からもらった「豚プン」や敷地内でできた「腐葉土」ストーブの「灰」、「化成肥料」などを入れ、
さまざまな植物を植えていったけれど、キレイな花壇になるかどうか・・・は定かではない。

こうして、夏から秋にかけて、明けても暮れても夫は草刈り、私は畑&花壇作りの日々が続いた。
植物が埋もれてしまわないよう、訪れるたびの草取りも必死だった。

今は寂しいモノクロの世界だけれど、春にはどんな花が咲いてくれるだろう。
でもお花畑作りはまだまだ・・・二年目の今年、作業の幕開けはさていつ始まるのか。
[PR]
by nasutombo | 2010-02-07 18:50 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nasutombo.exblog.jp/tb/13677698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2010-02-08 18:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nasutombo at 2010-02-08 22:07
あら!「ポール・スミザーさん」よくご存知ですね。もしかしたら、私も同じ本を見たのかも(^・^)
今年は、藁を敷いてみようかと思っていますよ。 

ここへは、ひとりで出かけてもちっとも心細くありません。ほど良い関係を築いてますよ。

ほんと、那須は猛吹雪で一歩も外に出られなかったそうです。行かなくてよかったわ。
今週は暖かそうだけど、雨降りかな。さて、何しましょ・・・。
<< 美味しい処 アプローチ >>