餌台

この土地には、さまざまな動物が棲息しているらしい。
農作物を荒らす「野ねずみ」や、苗木を噛み切る「野うさぎ」の存在は困り者だけど、
まだ姿を確認してない「リス」や「キジ」には会ってみたいものだ。

近くで可愛い野鳥の姿が見たい、とデッキの隅に小さな台を置き、ヒマワリの種を乗せた。
しばらくその状態に変化がなかったけれど、ある日、訪れたら種がきれいに無くなっていた。
やっとこのエサ場がわかったのね♪ と喜んだけれど、残念ながら野鳥ではなく「野ねずみ」だったようだ。
(その場に皮が残っていたから)

やっぱり空中に餌台を作ろう。
で、夫が端材でささっと仕上げてくれたのがこれ。
c0169870_7422533.jpg

そして、防腐のためと、なんと周りを焚き火であぶり、焼きめをつけた。
(あまりの非効率に、この後焼付け用の道具を購入することになったのだが。)
支柱は例によって残っていた杉の木。 これなら野ねずみも上がってこれないだろう。
c0169870_7424587.jpg
でも・・・。
大きな声で言えないけれど、なんだか田舎の灯籠に見えなくもない。
少し土台を広くしたら、さまになるかのしれない、と思うけれど。

今度は、設置後すぐに野鳥が訪れるようになった。
c0169870_7444116.jpg

エサが無くなった真冬は、カラ類がひっきりなしにやってくる。
c0169870_7435631.jpg

まるで順番待ちをしているかのよう。
c0169870_7441953.jpg

外仕事がほとんど無いこの時期、ダイニングチェアーに腰かけて、その光景を楽しんでいる。
c0169870_7452577.jpg

[PR]
by nasutombo | 2010-02-20 07:48 | 手作り | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nasutombo.exblog.jp/tb/13776002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by EY at 2010-02-20 09:19 x
良かったね、鳥さんたち。
屋根の雪がピッタリ! 焼きめがいいです。
↓雪が降るほうが暖かいって言いますよね。
マイナス20~30℃の時は、天気予報がフリージング?フリーズ?
だったかな・・全てが氷になっていました。玄関ポーチまで、スケート
リンクに(笑) 3センチはありましたよ。もちろん運転は怖くて何度か滑っていました。若かったのですね(笑)

リスさんたちに会っていませんか?季節がまだなのかしら?
心地よい椅子でゆったりのひと時、最高ですね!
Commented by nasutombo at 2010-02-20 23:06
EYさん
はい、人間も良かったです(^_^)v
焚き火で焼いているのは、写真に撮ったはずなのに、消しちゃったみたいでした。

マイナス20~30℃・・・どんな寒さなのでしょう。ビールなども凍っちゃうんでしょうね。
そんな中、運転ですか! さすが、というか、若さ、というか、でしょうか。

リスさんたちは、まだ冬眠中でしょう。 あぁ、会いたいなあ・・・・。
<< 天然乾燥ということ。 寒さの中で >>