生命力

c0169870_1350119.jpg

超ドハデな「ボタン」が咲きました。
実はこの植物、去年、半分ほど虫がついて枯れてしまっていたのですが、
なんとか生き延びてくれたようです。

「カミキリムシ」の被害は多く、
高価だったピンクの「枝垂れエゴノキ」は、とうとう無残な姿になってしまいました。
c0169870_13503213.jpg

こちらは、もう回復の見こみはないようです。 涙)

こんな状況にガックリすることがありますが、
旺盛な生命力に驚かされることも、多々あります。

よく群生地に写真を撮りに行っていた「ヤマユリ」が、
いつのまにか我が庭にも、あちこちで芽生えてきました。

切り株横の通路だったり、
c0169870_1351853.jpg

ガーデン囲いの丸太の中からだったり、
c0169870_13513648.jpg

はては、「クリスマスローズ」の根元から育っています。
c0169870_1352325.jpg

その勢いに、嬉しいやら、困るやら・・・。

「ユリ科」の植物は、案外逞しいのでしょうか。
小さな花だから「チゴ(稚児)ユリ」と呼ばれる植物も増えました。
c0169870_13522495.jpg


購入した植物だって消えてしまうのも多々あるし、
当然ですが、この地にあったものだけが生命力を発揮できるのでしょう。

石炉のまわりの「サギゴケ」が、まるで雪が積もったように花を咲かせています。
c0169870_13525250.jpg

でも近づいて見ると、あの「ウワズミザクラ」の新芽の存在に気づきます。
c0169870_13531161.jpg

こちらの生命力には、負けるわけにはいきませんね。

茨城県の海浜公園には到底及びませんが、
ネモフィラ」が満開です。
c0169870_13592354.jpg

ペニーブラック」のネモフィラも、毎年咲いてくれます。
c0169870_1359407.jpg

とっても嬉しい生命力です。
[PR]
by nasutombo | 2016-05-12 13:59 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nasutombo.exblog.jp/tb/25599934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 優しい春色 野鳥対策 >>