カテゴリ:未分類( 2 )

宿根草

c0169870_1674124.jpg

宿根草の「アスチルベ」の優しい色に、ホッとします。
(小さなアリンコ、分かるかな?)

一年草の「オルレア」、今とっても人気だそうです。
我がガーデンでは、去年播いた花のこぼれ種から一面に咲き誇り、
c0169870_1681391.jpg

小さな「バラ」などが埋もれてしまい、ちょっと困り気味。 (-_-;)
何事もほどほどが大事で、
今年は、種が落ちる前に刈り取ってしまうつもりです。

でもこれは例外的で、庭のほとんどは「宿根草」で占められています。
「一年草」のような華やかさは少ないのですが、
ナチュラルガーデンには欠かせない、
また、一度植えたら手がかからず、その時期になると姿を現してくれる
ズボラなワタシ向きの植物たちです。

・・・と安心していたら、実はとんでもないことになるのでした。

ハギ」は移植しても根が残って繁茂し、
とうとうワタシの手には負えなくなり、オットに深くて太い根を抜いてもらいました。
c0169870_1685457.jpg

また、「ホタルブクロ」も残念ながら雑草扱いです。
c0169870_1691523.jpg

ギボウシ」も同じです。
陰で、生存競争に負けた花たちは数知れず・・・。涙)

やっぱり、手抜きとはいかない植物たちなのでした。

そうそう、「ホタル」と言えば、
友人宅近くの川で、今年も見ることができました。
例年以上の「ホタル」の数に驚きました。
その乱舞している光景をたった4人だけで独占している、贅沢な夜でした。

東京よりひと月遅れかな?
今が「バラ」の最盛期です。
c0169870_1695648.jpg

[PR]
by nasutombo | 2017-06-19 16:18 | Trackback | Comments(0)

ていねいな暮らし

素敵な本を見つけました。
c0169870_1045037.jpg

なんと、餅つき!までされるという、
80代ご夫婦の菜園暮らしが綴られています。

建築家レーモンド氏の家に倣って建てられた、
ワンルームの簡素な丸太小屋暮らし。

当初はアトリエとして建てられたそうで、
キッチンには、湯沸し器も換気扇も電子レンジもありません。
でも、そこから生まれるおもてなし料理やスイーツ・保存食の数々・・・。
もう、素晴らしい!としかいいようがありません。

野菜作りにも、ご夫婦の絶妙な協力が実ります。
キッチンガーデンでは、
障害物をひょいひょいと飛び跳ねるように歩かれる、お元気さです。

シンプルでつつましく、自然と寄り添って生きる、仲の良いおふたりに、
これからの指針をいただきました。
c0169870_10453060.jpg



さて、我が菜園では「ブルーベリー」の花が満開です♪
c0169870_10442299.jpg

[PR]
by nasutombo | 2012-05-18 10:59 | Trackback | Comments(2)