カテゴリ:ガーデニング( 107 )

夏のような日に。

ライラック」の花が満開だ。
c0169870_17202364.jpg

とてもいい香りがするけれど、花の蜜も超甘いのだろうか。
たくさんの蝶たちが、ひっきりなしにやってくる。
人間が近づいても逃げず、大忙しなのだ。

急に暑くなった。
まだストーブの掃除をしてないのに、網戸に扇風機が必要になる。

木洩れ日の中で咲く「姫シャガ
c0169870_174041.jpg

もうすぐ花開く「エビネ
c0169870_17441662.jpg

そして、小さな小さな「忘れな草
c0169870_17215083.jpg

外仕事は暑さとの調整が必要で、
ときどき木陰に入り、そんな花たちを見るとホッとする。

大部分の植物には太陽が不可欠ではあるけれど、
すべての木を伐らなくて良かった、とつくづく思う。
木陰のベンチでアイスなんぞ食べ、
さあ、ガーデン仕事再開!

一年草なのに、こぼれ種で毎年咲いてくれる「リムナンテス」と「ネモフィラ
c0169870_17223953.jpg

これらを間引いて、他の場所に移植する。
c0169870_17285870.jpg


こちらも一年草の「オルレア
c0169870_1723201.jpg

こぼれ種が落ちる場所はさまざまで、
ガーデン外で芽吹いたのは、オットに抜かれたりする。
(ワタシはブツブツ言うけれど)

涼しげで優しい花でも、意外に強い植物で、
小さな「バラ」のまわりで密集しているのは、
「バラ」のために引き抜いて、移植した。
c0169870_17234817.jpg

もともと一年草だから、根づかないかな?

そうそう、これからいよいよ「バラ」の季節なのに、
こんな風に蕾がうなだれているのを、たびたび見つける。 涙)
c0169870_1739430.jpg

たぶん「バラゾウムシ」にやられたのだろう。
せっかく蕾をつけても、残念ながら花は見られない。
あ~あ。
まいあさ見回りできれば少しは防げるかもしれないけれど、
定住ではない悔しさが、ここにある。
[PR]
by nasutombo | 2017-05-24 17:31 | ガーデニング | Trackback | Comments(1)

旬の植物いろいろ。

c0169870_1641536.jpg

今が最盛期の「オダマキ
本当に変わった形だと思う。

イカリソウ」も同様で、笑みがわいてくる。
c0169870_16422362.jpg

我が庭には、めでたく紅白あるのだ。
c0169870_16424746.jpg


かなり増えてちょっと困り気味の「スズラン」も、好きな形だ。
c0169870_1643177.jpg


自然の造形はとても面白く、そして自然は逞しい。

最初は貴重だった「ヤマユリ」が、今ではあちこちで顔を出し、
c0169870_16435734.jpg

花壇の邪魔者になったりしている。
c0169870_16445761.jpg

球根なのに、種で増えるのだろうか・・・?

去年の冬野菜が不作だった畑も、
いろいろな野菜で賑やかになってきた。
c0169870_16452336.jpg


今年は不作と聞く「タケノコ」だけど、
こちらでは、例年と変わりなく頂く機会がある。
今回は、厚切り肉と炒めて食べた。
c0169870_16463170.jpg

今だけの旬のお楽しみ。
さて、その残りはどうやって食しようか。
c0169870_16455956.jpg

[PR]
by nasutombo | 2017-05-17 16:51 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

クリスマスローズ

c0169870_9243155.jpg

この花がいっぱいの庭を夢見て、
ワタシは、この地でガーデニングを始めたようなものだ。

最初に東京から持ってきたのが、この白い「クリスマスローズ」
c0169870_92527.jpg

今では、移植しようにも抜けないくらいに根が張り、
毎年根元には、こぼれ種からたくさんの新芽が育つ。
c0169870_9253083.jpg


それをポットに移し替えて大きくし、
花壇のあちこちに定植したり、友人にあげたりしている。

この植物は、三年ほどたたないと開花しないし、
また園芸店では高価で売られているけれど、
案外丈夫で、手がかからない。
c0169870_926075.jpg

だから、かなりワタシ向き。

嬉しいことに、
そんな「クリスマスローズ」の株が大きくなり、あちこちで満開だ。
c0169870_926308.jpg

・・・・
って、「八十八夜」を過ぎた今日の話題?(-_-;)


向かいの田んぼでは、代掻きが始まった。
c0169870_9265115.jpg

いよいよ田植えです。
[PR]
by nasutombo | 2017-05-02 09:29 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

そろそろ・・・。

北関東の春の気配は、まだまだだ。
たぶん東京よりひと月は遅い、と思う。

それでも、ガーデンでは早春の花が咲き始めた。
c0169870_11212746.jpg


昨秋から腰を痛めてしまった私だけど、そろそろ外仕事を始めなくてはいけない。

バラの根元に肥料を入れる。
c0169870_11215881.jpg


オットは笹の根を根絶しようと、スコップ片手に動き回る。
先月までは土が凍り、こんな作業はできなかった。

そうやってあちこちで土を掘りかえすので、出てくる虫を狙っているのだろうか。
すぐそばで、「ジョウビタキ」が待ち構えている。
c0169870_11223215.jpg

この鳥、渡り鳥らしいけど、まったく人を恐れない。
地面から顔を上げると目の前にいて、人間のほうが驚いてしまう。
c0169870_1122563.jpg

作業中ずっと近くにいて、自然に笑みがこぼれる。

今どきは、野鳥たちがとても賑やかだ。
頭上では「コゲラ」がコンコンしているし、
c0169870_11231831.jpg


エサ台では、「ヤマガラ」や
c0169870_11233684.jpg

「シジュウカラ」がひっきりなしにやってくる。
c0169870_1124082.jpg

何もない菜園でも、大きめな野鳥たちが土を突っついている。
そんな眺めにも癒される。

「フキノトウ」が出てきた。
c0169870_11242644.jpg

さっそく「蕗みそ」を作り、
オットが作る「コンニャク」に付けて、早春の苦みを味わおう♪

今年は腰を労わりながら、ボチボチやっていこうと思う。
c0169870_15215845.jpg

[PR]
by nasutombo | 2017-03-14 11:31 | ガーデニング | Trackback | Comments(6)

晩夏の花たち

サンジャクバーベナ」の上で何思う?
c0169870_11175017.jpg

香り高い「バラ」の中もいいね。
c0169870_11261981.jpg


ガーデンの縁は、小花たちが彩ります。
c0169870_11191390.jpg


エキナセア」が大きくなりました。
c0169870_11201271.jpg


四季咲きの「バラ」も次から次へと咲いています。
c0169870_11374298.jpg



c0169870_11223624.jpg


その足元を飾る、矮生の「ガウラ
c0169870_11235100.jpg

元来の「ガウラ」は大きく枝垂れるのですが、
背が低いピンク色が、蝶が舞うように風に揺れます。
c0169870_11254027.jpg


二番花の「ジキタリス」が今だ咲いていますが、
c0169870_11193816.jpg


早くも「シュウメイギク」が咲きだしました。
c0169870_11182272.jpg


そろそろ秋の気配を感じる庭です。
[PR]
by nasutombo | 2016-08-22 11:28 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

優しい春色

c0169870_23153263.jpg

東京からひと月遅れで、「モッコウバラ」が満開になった。

このバラは、東京の家で挿し木して、ここに植えたのだった。
寒さのせいか、こちらのは花びらが小さい気がする。
最初は野ウサギ君に齧られたりして、なかなか大きくなれなかったけれど、
今では、もっと頑丈なアーチにすればよかった、と思うほど旺盛な姿になった。
c0169870_2316170.jpg

さあ、バラの季節の開幕だ。

ライラック」の花も満開だ♪
c0169870_23162924.jpg

あたり一面に、甘くいい香りが漂う。
だから、蜂や蝶たちがひっきりなしにやってくる。
c0169870_23173019.jpg

そのせわしい光景は、見ていて飽きない。
この木も、いつのまにか大きくなった♪
c0169870_23295232.jpg


ピンクの「オオデマリ」も優しい存在。
c0169870_2318324.jpg


気づきが多いこの季節が、なによりも大好きだ。
[PR]
by nasutombo | 2016-05-17 23:22 | ガーデニング | Trackback | Comments(6)

生命力

c0169870_1350119.jpg

超ドハデな「ボタン」が咲きました。
実はこの植物、去年、半分ほど虫がついて枯れてしまっていたのですが、
なんとか生き延びてくれたようです。

「カミキリムシ」の被害は多く、
高価だったピンクの「枝垂れエゴノキ」は、とうとう無残な姿になってしまいました。
c0169870_13503213.jpg

こちらは、もう回復の見こみはないようです。 涙)

こんな状況にガックリすることがありますが、
旺盛な生命力に驚かされることも、多々あります。

よく群生地に写真を撮りに行っていた「ヤマユリ」が、
いつのまにか我が庭にも、あちこちで芽生えてきました。

切り株横の通路だったり、
c0169870_1351853.jpg

ガーデン囲いの丸太の中からだったり、
c0169870_13513648.jpg

はては、「クリスマスローズ」の根元から育っています。
c0169870_1352325.jpg

その勢いに、嬉しいやら、困るやら・・・。

「ユリ科」の植物は、案外逞しいのでしょうか。
小さな花だから「チゴ(稚児)ユリ」と呼ばれる植物も増えました。
c0169870_13522495.jpg


購入した植物だって消えてしまうのも多々あるし、
当然ですが、この地にあったものだけが生命力を発揮できるのでしょう。

石炉のまわりの「サギゴケ」が、まるで雪が積もったように花を咲かせています。
c0169870_13525250.jpg

でも近づいて見ると、あの「ウワズミザクラ」の新芽の存在に気づきます。
c0169870_13531161.jpg

こちらの生命力には、負けるわけにはいきませんね。

茨城県の海浜公園には到底及びませんが、
ネモフィラ」が満開です。
c0169870_13592354.jpg

ペニーブラック」のネモフィラも、毎年咲いてくれます。
c0169870_1359407.jpg

とっても嬉しい生命力です。
[PR]
by nasutombo | 2016-05-12 13:59 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

木それぞれ

c0169870_1715035.jpg

花桃」が満開になった。
友人宅から貰ってきて、自分たちで植えた木。
c0169870_174079.jpg

それが、遠く田んぼの向こう側の道からもハッキリわかるほど、大きくなった。
今の時期、我が家のシンボルツリーかな?

そのそばでは、清楚な「ジューンベリー」の花が咲いている。
c0169870_1721523.jpg

この木は、果実も楽しみだ。

敷地内を見わたしてみると、貰ったもの・購入したもの・自生していたもの・・・
みんなそれぞれ大きくなってきた。
これからは、剪定作業が真冬の仕事になる。

ところで、こんな芽があちらこちらで目に付く。
c0169870_1724177.jpg

今年も、「ウワミズザクラ」の落ちた種が芽生えてしまったのだ。
花壇やグランドカバーを占領するほどの勢いで、生えている。
これを根が残らないように、一本一本ていねいに抜く。

人の手が入らなくなったら、ここはまた、一面雑木林に戻るのだろう。

家を建てる前に伐採した杉の切り株に、「スミレ」が咲いている。
c0169870_173996.jpg


同じく、切り株に根づいた「ブラックベリー」
c0169870_1733014.jpg

どうやら野ウサギ君に齧られてしまったようだ。
でも、すぐに大きくなるだろう。

自然は逞しく美しい。
その素晴らしさや恩恵・・・でも恐ろしい自然。
人間の無力さをつくづく感じるこの頃だ。
[PR]
by nasutombo | 2016-04-20 17:10 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

束の間の美しさ

春の庭は日ごとに変化する。
目が離せない。

落ち葉だけのモノトーンだった場所に、
いつのまにか「イカリソウ」や
c0169870_2332722.jpg

ヒトリシズカ
c0169870_2335868.jpg

タイツリソウ」などが姿を現し、
c0169870_2341824.jpg

球根の「ヒヤシンス」や
c0169870_2343650.jpg

アネモネ」たちが色を添える。

それだけでもワクワクするけれど、
中でも、「カタクリ」の存在がとっても嬉しい♪
c0169870_23112931.jpg

「スプリング エフェメラル」の代表的な花だ。
c0169870_23115466.jpg

なんて端正で可憐な姿だろう。
春、束の間の光景に、ワタシは夢中になる。
c0169870_2355192.jpg

今年もこの庭に咲いてくれてありがとう、と思うのだ。
[PR]
by nasutombo | 2016-04-13 23:12 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)

春を迎えて。

c0169870_20312629.jpg

ヒメモクレン」が咲き始めました♪
急に暖かくなりました。

向かいの田んぼではトラクターが動き始めました。
c0169870_20314999.jpg

さあ、本格的に庭仕事の活動開始です。


まずは、冬姿だった「紫陽花」の花を落とし、
c0169870_20321989.jpg

(その下には、しっかり新芽が出ています。)

枯れた茎を整理し、
c0169870_2042424.jpg


今シーズン何度目かの落ち葉集めをしました。
c0169870_20433976.jpg


右手の機能がまだ完全ではないので、休み休みですが、
いつもの場所に「カタクリ」を発見したり・・・
c0169870_2044266.jpg

きれいになった花壇を見るのは嬉しいものです。

と、あちこちで野ウサギ君のしわざも発見!!
c0169870_20443177.jpg

ちょうどいい高さの枝で、歯を研いだのでした。

最近姿を見ないので油断していましたが、
枯れてしまった「バラ」もあります。
困ったものです。
しばらく苗木が大きくなるまで、網で囲まなくてはいけませんね。
[PR]
by nasutombo | 2016-04-01 20:46 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)