カテゴリ:食べる( 45 )

柴栗で

c0169870_21321060.jpg

この小さな栗、頑張ってせっせと皮を剥きました。
今は便利な皮むき用のハサミがありますが、
それでも、栗が小さ過ぎて手が痛くなります。

いつもはそのまま使ったり、冷凍保存するのですが、
今日は、自己流で「ペースト」を作ってみました。
c0169870_21325813.jpg


皮を取った栗を茹で、つぶし、砂糖と水を加えて練りあげました。
つぶすのは、食感を残したいので「半殺し」?? にしました。
また、
大雑把な性格ゆえ渋皮もテキトウに残っていますが、気にしません。 ^_^;

さあ、出来上がりましたよ♪
c0169870_21331779.jpg


クラッカーにつけて食べたり、
まるごとの栗を入れて正真正銘の「栗きんとん」にしたり、
「バウンドケーキ」を焼いてみたり・・・
と、楽しみがふくらみます。

まさに ” 苦あれば楽あり ” ですね。
[PR]
by nasutombo | 2014-10-02 21:40 | 食べる | Trackback | Comments(4)

あぁ大忙し・・・。

今まで知らなかったけれど、本来「枝豆」の旬は9月で、秋の季語だとか。

ここでも、美味しい「枝豆」ができあがった。
今年は長雨の影響で間延びし、甘さも少し足りない気がするけど・・・。

畑で根と葉を切り落として、持ち帰る。
c0169870_15211142.jpg

これが意外に面倒な作業で、
市販品の値段は人件費が大半なのかもしれない、とも思う。
鮮度を保つため、この茎付きの状態で友人たちに送った。

そしてわが家の分は、
そのままビールのお供にするものを除いて、こんな形で冷凍保存しておく。
c0169870_15214577.jpg

ひと手間かければ、
固めに茹でた豆は、いろいろな料理に使えて重宝するし、
旬じゃなくても、いつでも「枝豆」が食べられる♪


芝栗」は、相変わらず睡眠の邪魔をする。

そして朝、ピカピカの栗を見ると、つい拾ってしまうサガ・・・。
こんなに拾っちゃって、どうするのさ~!

東北出身の人から
「固栗」にしておくと冬まで食べられるよ、と聞き、
さっそく天日干ししてみた。
c0169870_1522844.jpg

すっかり乾いたら、一度茹でて、また干すのだそう。
さて、うまく出来上がるだろうか。

そして、もちろん「皮むきタイム」も待っている。 (>_<)
これも根気のいる作業だ・・・。

・・・・・・・
こんな風に、
待った無しの「枝豆」と「芝栗」に振り回され、
ほとんど畑仕事と庭仕事ができずに終わってしまった、
大忙しの週末の4日間だった。
[PR]
by nasutombo | 2014-09-25 15:26 | 食べる | Trackback | Comments(4)

味噌作り

c0169870_2111557.jpg

100以上の花をつけた、最古参の「クリスマスローズ


毎年恒例の「味噌作り」
我が家は小家族なので、久しぶりの参加だ。

早朝、集まったのは総勢30人ほど。
まず、「国産大豆」をこんな釜を使って薪で炊き上げる。
c0169870_10164622.jpg


茹であがったホクホクの「大豆」。
c0169870_1017652.jpg

つまみ食いして、その甘さに納得♪

それをミキサー?でつぶし、
c0169870_10172216.jpg


熱いうちに、「塩」と「麹」だけを入れて手早くかき混ぜる。
c0169870_10174573.jpg

今年の我が家は「玄米麹」で作ることにした。

混ぜ終わったら、両手で丸めて空気を抜き、
c0169870_10175998.jpg


個々の30kg樽に投げ入れて、出来上がり♪
c0169870_10181451.jpg


あとは、物置などで寝かしておくだけで、
来夏ころには美味しい味噌が食べられる。
この味噌を作りだしてから、市販のものは??、と思う。

これこそ正真正銘の「手前味噌
の、お話でした。 (^^)v
[PR]
by nasutombo | 2014-04-13 10:22 | 食べる | Trackback | Comments(2)

加工

イチゴ農家に手伝いにいっている友人が、
規格外のイチゴを持ってきてくれました♪
c0169870_20263430.jpg

栃木県名産の「とちおとめ」です。
          「スカイべリー
(もとい、まだなかなか手に入らない新品種のイチゴでした。^_^;)

甘~い春の香りでいっぱいになった部屋。
とは言っても春は遠く、今が一番寒い時期です。

太陽熱を取り入れている我が家は、太陽が出れば暖房いらずですが、
今日は曇り。
薪ストーブに火が入っています。

その火力を最大限に生かしましょう。

冷凍保存していた「ミニトマト
c0169870_20265811.jpg

これらを、ジャムやトマトソースにします。

凍っているトマトにお湯をかけると、ツルッと皮が剥けるし、
時間がかかる作業も、薪ストーブの上で簡単に出来上がるので、
この時期になるまで、保存していたのでした。
(冷凍庫が欲しいなあ・・・と思うこの頃)

同じように冷凍保存していた「ブルーベリー」も、ジャムに変身。

また、
紅芯大根」は甘酢漬け、
c0169870_2031240.jpg


ハヤトウリ」は味噌漬けに加工。
c0169870_20282628.jpg

たくさん採れた野菜の姿を変える作業は、けっこう楽しいものです。


こちらは、漬物好きなオットが担当。

野沢菜漬け
c0169870_20272437.jpg


白菜漬け
c0169870_20273835.jpg


そして、「沢庵漬け」の樽。
c0169870_20275191.jpg


まだ完成していない物置小屋内の片隅で、
美味しくなる日を待っています。
[PR]
by nasutombo | 2014-01-15 20:35 | 食べる | Trackback | Comments(6)

トマト三昧

いつのまに、虫の音が大きく聞こえるようになった。

秋の花「クジャクソウ」も咲きだした。
c0169870_2313522.jpg


季節の歩みは、着実に進んでいるようだ。


今年も、懲りずに沢山のミニトマトを育ててしまった。 ^_^;

いろんな人に食べてもらったけれど、
まだまだ、収穫を待つトマトが鈴なりだ。

なので、生食はもちろん、
スープやラタトウイユ、ピクルス、カレー、炒め物・・・などフル出演している。

そのまま冷凍保存して、
冬になったら、
薪ストーブの上で、ことことジャムやソースを作るのが一番だけど、
もう、冷凍室も満員御礼!


その消費のために、「ドライトマト」を作ってみた。

オーブンで一時間半でできる、と聞いたけれど、
そのあと三日間天日干しして、ようやくできあがり。
けっこう時間がかかる。
ゆえに、市販のものは高価なのだろう。
c0169870_23133648.jpg

干している傍から、濃縮した甘い香りがただよった。


こちらは「イエロートマトジャム
c0169870_8145529.jpg

糖分控えめだが、かなり甘い。


ピザ&パスタ用の「トマトソース」もたくさん作った。
c0169870_23135583.jpg



朝、起き抜け一番の飲み物は、
ミキサーで作るスムージー風「トマトジュース
c0169870_23142485.jpg

今日は、イエロートマトだけで。
トマトジュース缶は苦手だけど、これなら何杯でもいける。


今日、スーパーで夏野菜の値段が高いことに驚いた。
一般的には、野菜の端境期なのかもしれない。

でも我が菜園では、まだまだ夏野菜が大活躍中なのである。
[PR]
by nasutombo | 2013-08-29 23:19 | 食べる | Trackback | Comments(4)

赤い実

矢車草」が、なぜか段違いになって咲いています。
c0169870_9373842.jpg

その足もとでは、
去秋の花から種がこぼれた「コスモス」が、あちこち芽を出し始めました。
この「矢車草」の子孫も、来年芽吹くでしょうか。
一年草から新たに芽生えるって、なんだか得した気分なり♪


さて、厳しい冬の寒さに縮じこまっていた「イチゴ」が、
急に今までにない大きな葉になり、そして大きな実をつけました。
c0169870_939433.jpg

しかも、今までになかった甘さなのです♪

やっぱり、これの効果でしょうか。
c0169870_9392270.jpg

友人に薦められて、使ってみたのですが。
これからが採り頃になる「イチゴ」、楽しみです。

こちらは、自生していた「ヤマウグイスカグラ」の実。
c0169870_9411067.jpg

雑木林の日陰にあったのを、日当たりのいい場所に移植したら、
背丈ほどの大きさに育ちました。

このグミのような赤い実。
とっても甘いので、リクエストに答えて「ジャム」にしてみました。
c0169870_9414899.jpg

赤い色が消え、ちょっと見、お味噌のようになってしまいましたが、
美味しいジャムになりましたよ。

食べられる「赤い実」って、食いしん坊にはたまりません。 (^・^)
[PR]
by nasutombo | 2013-06-01 09:47 | 食べる | Trackback | Comments(6)

初体験

田植えが終わってから、ずっと雨が降りませんでした。
小さな苗の根元では、田んぼの地割れが始まっていました。
我が庭も、土ぼこりが舞うようでした。

稲にとって一番水を必要とする時期なのに・・・と心配でしたが、
昨日、ようやく待ちに待った恵みの雨が落ちました。
いよいよ梅雨の始まりです。

庭の「ジャーマンアイリス」や
c0169870_15501860.jpg

ニッコウキスゲ」も嬉しそうです。
c0169870_15503713.jpg


そんな雨の日、
友人に誘われて、高原にある「パン教室」に行ってきました。
夫婦で移住されたご自宅での、小さな教室です。

私にはパン作りの友人がいるので、
自分で作る気はまったく無かったのですが、
好奇心ありあり・・・、で参加してみました。

その日のメンバーで、初心者は私だけ。
なので、手取り足取り・・・のパン作りでしたが、
どうにか、「くるみパン」が焼きあがりました♪
c0169870_15511991.jpg


「最強力粉」のおかげか、
(こんな粉があるのも知らなかったアタシ・・・)
ふんわり・もちもちの美味しいパンでした。
c0169870_15513872.jpg


粉をこねる作業もタイヘンだけど、
生地が生きてるようでおもしろかったし、
これからヤミツキになりそう・・・かな?

そうそう、那須には美味しいパン屋さんが多いのですよ♪
[PR]
by nasutombo | 2013-05-30 16:04 | 食べる | Trackback | Comments(8)

自然の恵みで。

今どきの自然の恵みと言えば、
まずは、山菜

先日は、たらふく「タラノメ」を食べた。
(タラノメはまったく心配ないけれど、コシアブラの放射能汚染度がとんでもなく高いらしい、
という話を聞いて、我が家のコシアブラは食べないことにした。 悲)

そして、次はやっぱこれでしょ!
c0169870_2317358.jpg


友人宅の竹やぶ。
まだ出始めらしいけれど、たくさん掘らせてもらった♪
c0169870_23185075.jpg


その後、茹でるのは石炉で、という話をしたら、
ついでに、大鍋とアルミ釜?も貸してもらっちゃって、
これがまあ、石炉にぴったりサイズ♪
c0169870_23192165.jpg

ふきこぼれるのも、薪をくべるのも、なんだか楽しい。

茹であがったところに、
別の友人が、奥さま自慢の太巻き寿司を持って現れ、
グッドタイミング!と、おすそ分けもできた。

そしたら、翌日
あまりにタケノコが美味しかったから、
と、今度はタケノコを使った「ちらし寿司」を、またまた頂いてしまった♪
c0169870_23194930.jpg

この人が作るお寿司は、ピカイチ!なのだ。

なんともまあ・・・。
大きな鯛を釣りあげた気分なり。 (^^)v

まわりは料理上手な人ばかりで、
アタシャシアワセものだ、と、つくづく思うこのごろ。
[PR]
by nasutombo | 2013-05-04 23:51 | 食べる | Trackback | Comments(4)

ゆったりと・・・。

雪に埋もれた今。
外仕事は、ほとんどできません。

2時間ほどひと仕事を終えてから、の朝食だった夏の最盛期が、夢のような今。
一年のうちの、束の間のひとときです。

で、ここで ” の~んびりモーニング ” です。
c0169870_11225723.jpg

那須高原にある、パンの店「ペニーレイン
ビートルズファンでなくても、
c0169870_11234770.jpg

ここのパン人気は不動のものがあるようで、
GWには、レジを終えるのに1時間待ち!とか。
c0169870_11232690.jpg

でも今は、そんな喧噪がウソのような、静かな朝の店内です。

コーヒーをおかわりして、ゆったりゆっくり・・・。
c0169870_11261223.jpg


完食、の証拠です。(^_^)
c0169870_1124517.jpg


そして、もうひとつのお目当ては・・・。
c0169870_11194792.jpg

開店早々、すぐに売り切れてしまう、
バウンドケーキやブラウニーなどの端切れの詰め合わせです。
チープだし、家でのティタイムにはこれでじゅうぶん。

ということで、行くたびにたくさん買ってしまうワタシ。
(これじゃ、メタボになるわけね。^_^;)

最近では、冬の間しか行かない(行けない)パン屋さんかな?
[PR]
by nasutombo | 2013-02-03 11:35 | 食べる | Trackback | Comments(4)

暖かな室内で。

今日は強風、突風が吹き荒れます。
冬の名物「那須おろし」です。

田んぼの雪が舞いあがります。
c0169870_21425981.jpg


こんな日は、暖かな室内で内仕事。
菜園で三年かけて育てた芋を使って「こんにゃく」を作りました。
c0169870_21441160.jpg

皮を剥いた芋。 1.3キロありました。

これを小さく切って、水とともにミキサーにかけ、
それを、鍋で焦げないよう根気よくかき混ぜ、
c0169870_21443298.jpg

その後、石灰をすばやく混ぜて、容器で固めます。
c0169870_21451048.jpg

右のほうは、水分飛ばしすぎ?
それにしても、デコボコな表面だねぇ~。

最後に、適当な大きさに切って茹でます。
いちおう、「こんにゃく」の形状にはなりました。
c0169870_21455884.jpg


長時間かかるので、薪ストーブの熱源に頼りましたが、
やっぱり、このストーブは便利便利♪

と、せっせと薪を燃やしたら、
室温が、なんと31度!になってしまいました。
暑すぎ、です。^_^;
(ちなみに外気温は氷点下・・・)

自然のチカラを頂いて、贅沢な真冬日でした。
[PR]
by nasutombo | 2013-01-30 21:54 | 食べる | Trackback | Comments(4)