カテゴリ:プロローグ( 5 )

杉林

c0169870_219305.jpg

前にも書いたけれど、東南方向の隣地に立派な杉林がある。

だいぶ年数を経ているような高い杉の木が、カギ状に隣接し、
そのため、冬には我が土地に当たる朝日をじゃまする存在だった。
広い土地なのに、雪がなかなか消えないのも気になっていた。
しかも私は、重症のスギ花粉症だ。
c0169870_22515392.jpg

何度か、買い取るから杉を伐って欲しい、もしくは土地ごと売って欲しい、
と、地主に交渉したけれど、いい返事はもらえなかった。
先祖が植えた百年を越すような杉を、自分の代で伐る気にはなれなかったのだろう。

もう無理かな、このまま家を建てるしかないかな、と設計の打ち合わせを始めた頃、
なんと、その場所を譲ってくれることになった。(バンザイ!)
この土地を手にしてから六年目、交渉しはじめてから三年が過ぎていた。
c0169870_15362177.jpg

とても全部は買えなかったけれど、それでも450坪もあった。
そんなにあるとは思ってもみなかった。

結果、とうとう総敷地が1,200坪になってしまった。
こんな広大な土地が欲しかったわけではなく、ただ日照を確保したいだけだったのに。
・・・これで、家を建てる資金がまた少なくなってしまった。

でも、舞いあがるほど嬉しかった。
待っててよかった、と、働きかけてくれた人に感謝している。
これも、頻繁に通い、地元の人たちと仲良くしてもらったおかげだった。

「ますます、いい土地になるわね」と、近所の人。
不動産屋さんは「こんな土地はなかなか出ないよ。田舎暮らししたい人は、こういう土地を欲しがるんだよ。
売る気になったら、すぐに売れるからね」なんて言っていた。
モチロン売る気なんて、これっぽっちもない。

気分は、いっきにセカンドハウスの建築に向かって走り出したのだった。
[PR]
by nasutombo | 2008-08-26 21:13 | プロローグ | Trackback

変わる土地

c0169870_1219547.jpg

その土地を購入してまもなく、隣接している南側の200坪を買ってくれないか、
と、不動産屋さんに頼まれた。
東側の杉林がうっとしくて、なかなか買い手がつかなかったらしい。
資金的にまったく余裕がなかったけれど、目の前に家が建つより・・・と追加してしまった。

この土地の代金のおかげで、家を建てる計画が少し遠のいてしまった。
以来、750坪に増えてしまった地面の、家族総出の草刈り作業が続くのだった。

そして三年後、夫が単身赴任先から戻ったのを機に、下の道路からの進入路をつけた。
c0169870_12203455.jpg

斜面の中ほどに大きなモミの木があったので、それを避けるような道にしてもらった。

進入路作りで出てきた土は、百年以上の落ち葉が積もり、優れた腐葉土だった。
一段下がった田んぼ側の土地が、いちばん日当たりがよく、
そのため、背たけほども伸びた草にいつも苦労させられていたので、
そこに、この腐葉土を入れ、畑にする事にした。
c0169870_12205928.jpg

とりあえず、畑にはお遊び程度の種を播く。
こうやっておけば、収穫は少なくても、いつかは柔らかい土に変わっていくだろう。
c0169870_12212299.jpg

[PR]
by nasutombo | 2008-08-17 12:26 | プロローグ

ここにしよう。

c0169870_22471639.jpg

那須地域では、標高300m~1000mまでの範囲を、ずいぶん見てまわった。
でも、ここだ!という場所はなかなか見つからなかった。
しかも、オットは別荘地、私は田舎のような里、と意見が分かれている。
那須は、御用邸と別荘地の高原のイメージが強いが、じつは昔からの田園地域もある。

高原の別荘地は値段も高いからか、まるで都会の住宅地のような狭い敷地が多い。
だから、
”里のほうが広い土地が買えるし、菜園もできるよ”
”それに、高原の別荘地は冬に通うのは大変よ”
という私の意見に、だんだん納得力が増してきたのだった。

最終的に決めたところは、
ヤブこぎしてようやく登った先が明るく開けていて、炭焼き穴が残っていた。
昔は里山として、人々の暮らしに深くかかわってきた処なのだろう。
東と西に田んぼが広がり、南は植林地になっている、550坪の丘のような場所だった。

川が流れている土地が欲しかったけれど、そうなると低い土地になってしまう。
こんな見晴らしがいい場所が、生活するには適しているかもしれない、と決断した。
土地探しを始めて二年がたっていた。
[PR]
by nasutombo | 2008-08-12 17:41 | プロローグ

土地探し

c0169870_11281217.jpg

子供の学校や仕事のことを考えると、今すぐ移住するわけにはいかない。
とりあえず、週末に息が抜けるような場所を探そう。
二時間ほどで着けるところで、さて、どこにあるだろう・・・。

ふたりとも山好きだったから、山梨県か長野県だ、とすぐに思った。
特に、私はよく登った八ヶ岳を眺めながら暮らす、のが長年の夢だった。

しかし、中央道はアップダウンやカーブ・トンネルが多く、運転がヘタな私は無理だ、
と、ほどなく気がつく。
しかも週末はいつも混んでいるし、冬の凍土の深さもかなりあるらしい。
憧れの眺めだけど・・・残念ながらあきらめよう。

次に伊豆方面。
山あり海ありで一年中楽しめるところだ。でもアクセスが少なく、ここも年中混んでいる。
そして、なんといっても土地の値段が高い。とうてい無理だ。

自宅から一番近い、関越道で行ける群馬県。
親友が住んでいて、以前から馴染みのある所だ。
だが、スキーシーズンの混み具合はひどいものだし、なんとなく憧れの地とかけ離れている気がする。

いろいろ迷いながら、結局、運転が楽な東北道の那須地域で探すことにした。
ここは、大好きな雑木林も多いところだ。
[PR]
by nasutombo | 2008-08-12 11:32 | プロローグ

理由(わけ)

c0169870_15501971.jpg

八年前、大きな借金をして、東京郊外に家を建てた。

それまで中古住宅に住んだことはあったけれど、今度は土地探しからはじめた。
そして設計してくれる人を探し、こだわりのある家ができあがったのだ。
初めての家つくりは、それは楽しく嬉しい日々だった。

ところがほどなく、都会の現実にぶつかる。

軒が届くほど接近している隣家に、近所でも有名な難くせある人が住んでいたのだ。
案のじょう、我が家を干渉し、いろいろ文句をつけてきた。
バラ色のはずだった新居生活が、翳りはじめた・・・。

あぁ、視線も音も気にしない、のびのびした暮らしがしたい。

いつかは自然の中で暮らせればいいな、とたまに別荘地など冷やかしに行っていたが、
こんなことから、にわかに現実味を帯びてきたのだった。

家を建てたばかりなのに何故?と言われそうで、友人にも身内にも話せなかったけれど、
東京に家を建てたおかげで、皮肉にも広い田舎の土地が、すぐに欲しくなったのだった。
(ふと現実をみれば、お金はまったく無かったのだけれど)
[PR]
by nasutombo | 2008-08-11 16:02 | プロローグ