<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

貴重なひととき

日本桜草」が満開です♪
c0169870_12172967.jpg

でも、時期が過ぎると地中に隠れてしまう植物。
なので、その存在を忘れ、そこにバラなんぞを植えてしまうワタシなのでした。 汗)


先日、久しぶりに「森のカフェ」に行ってきました。
c0169870_12181355.jpg

ここで、「菅谷怜子」さんのピアノコンサートがあったのです。

凝ったパンフはマスターの手作り。
c0169870_12182934.jpg

前日には那須の大ホールで演奏されたというのに、
今日は、70年以上前のピアノと
c0169870_121848100.jpg

100年はゆうに越しているというパイプオルガンを使った
c0169870_1219225.jpg

小さなカフェ内での、アットホームなコンサートでした。
それにしても、いつも見かけていたオルガンが使えることにビックリ!

バッハからショパンまで、曲の解説もあり、
「ノクターン」や「雨だれ」のような馴染みの曲もあり、充分楽しみました。
狭い空間ならではで、彼女の奏でる音色が直に届きました。
軽やかで美しい女性でしたよ。

休憩時間は外で。
マスター手製の生ハムが練りこんであるパンなどをいただきました。
c0169870_12192278.jpg


たまには、こんなひとときもいいものです。
c0169870_12193623.jpg


 
 
[PR]
by nasutombo | 2016-04-29 12:20 | 遊ぶ | Trackback | Comments(4)

木それぞれ

c0169870_1715035.jpg

花桃」が満開になった。
友人宅から貰ってきて、自分たちで植えた木。
c0169870_174079.jpg

それが、遠く田んぼの向こう側の道からもハッキリわかるほど、大きくなった。
今の時期、我が家のシンボルツリーかな?

そのそばでは、清楚な「ジューンベリー」の花が咲いている。
c0169870_1721523.jpg

この木は、果実も楽しみだ。

敷地内を見わたしてみると、貰ったもの・購入したもの・自生していたもの・・・
みんなそれぞれ大きくなってきた。
これからは、剪定作業が真冬の仕事になる。

ところで、こんな芽があちらこちらで目に付く。
c0169870_1724177.jpg

今年も、「ウワミズザクラ」の落ちた種が芽生えてしまったのだ。
花壇やグランドカバーを占領するほどの勢いで、生えている。
これを根が残らないように、一本一本ていねいに抜く。

人の手が入らなくなったら、ここはまた、一面雑木林に戻るのだろう。

家を建てる前に伐採した杉の切り株に、「スミレ」が咲いている。
c0169870_173996.jpg


同じく、切り株に根づいた「ブラックベリー」
c0169870_1733014.jpg

どうやら野ウサギ君に齧られてしまったようだ。
でも、すぐに大きくなるだろう。

自然は逞しく美しい。
その素晴らしさや恩恵・・・でも恐ろしい自然。
人間の無力さをつくづく感じるこの頃だ。
[PR]
by nasutombo | 2016-04-20 17:10 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

束の間の美しさ

春の庭は日ごとに変化する。
目が離せない。

落ち葉だけのモノトーンだった場所に、
いつのまにか「イカリソウ」や
c0169870_2332722.jpg

ヒトリシズカ
c0169870_2335868.jpg

タイツリソウ」などが姿を現し、
c0169870_2341824.jpg

球根の「ヒヤシンス」や
c0169870_2343650.jpg

アネモネ」たちが色を添える。

それだけでもワクワクするけれど、
中でも、「カタクリ」の存在がとっても嬉しい♪
c0169870_23112931.jpg

「スプリング エフェメラル」の代表的な花だ。
c0169870_23115466.jpg

なんて端正で可憐な姿だろう。
春、束の間の光景に、ワタシは夢中になる。
c0169870_2355192.jpg

今年もこの庭に咲いてくれてありがとう、と思うのだ。
[PR]
by nasutombo | 2016-04-13 23:12 | ガーデニング | Trackback | Comments(4)

春うらら

c0169870_1655758.jpg

ムスカリ」もかなり増えました。

さて、「プラム」の花が満開です。
c0169870_1662925.jpg

なぜか去年は不作でしたが、今年はどうでしょうか。
c0169870_1672129.jpg


見上げれば、家の裏の「山桜」が満開です。
c0169870_1685417.jpg

田んぼの先の里山にも「山桜」が浮かびます。
c0169870_1694258.jpg

そんな淡い景色を眺めていると、
なんだか眠くなってしまいます。
まさに「春うらら」です。

鉢植えだった「コブシ」も見上げるほど大きくなりました。
c0169870_16101123.jpg

そのそばで、オットは畑を耕し、
「ジャガイモ」「ヤーコン」「里芋」「こんにゃく芋」を植えました。


じつは、
昨秋に「イチゴ」の親株から離して子株を植え替えたのですが、
冬が来る前に、根の張りが間に合わなかったのか、
悲しいかな、半分以上霜で盛りあげられて枯れてしまいました。  泣)

地元の人に、
「こちらでは春になってから植え替えるんだよ。」と、言われてしまいました。
そう、寒冷地だということをすっかり忘れていたのでした。 (-_-;)

それでも、小さいながらも花をつけている「イチゴ苗」もあって
ワタシは、そんな残っている株をせっせと植え替えました。
c0169870_16103679.jpg

少しだけでも口に入ることを願って・・・。
[PR]
by nasutombo | 2016-04-11 16:13 | 菜園 | Trackback | Comments(2)

頑張りどき。

c0169870_14423248.jpg

春色は、なんと言っても「黄色」です。
庭の「水仙」は、5種類。
あちこちで増えてきました♪

こちらは「タアサイ」の花。
c0169870_14425566.jpg

菜園もすっかり春色になってしまいました。

冬がようやく終わり、もう「薪ストーブ」の助けもいらなくなったかな?

この冬の那須暮らしは少なかったのですが、
着くと、まずは土間にある「薪ストーブ」に火を入れます。
結果、室温が28度くらいまで上がってしまうのが常で、
寒冷地でありながら、薄着で過ごしているのです。

こんな贅沢な暮らしができるのも、たくさんのいい薪の在庫があるから。
今シーズンは、年末に友人宅の敷地内で伐った木をいただいてきました。

最近では、薪割りはオットに任せ、ワタシはもっぱら薪棚に積む人、です。
今から思えば、右手を怪我する前だったのが幸いで、
年末に、薪棚に二列、満杯に積むことができました。
c0169870_14432650.jpg

「思わずニンマリ・・・」な眺めです。 (^^♪

また、東京では、
昨秋にオットがボランティアをしてきたご褒美の丸太を
手が癒えてきた3月末に、引き取りに行ってきました。
c0169870_14441092.jpg


こんな風に、燃料になるまで体力的にはハードな部分がありますが、
一年のうちの数日間頑張れば、暖かな暮らしが保証されるのです。

ワタシも、「筋トレ、リハビリ・・・」と思いながら、
この後、せっせと薪を積みましたよ。


 
[PR]
by nasutombo | 2016-04-07 14:55 | 薪ストーブ | Trackback | Comments(4)

春を迎えて。

c0169870_20312629.jpg

ヒメモクレン」が咲き始めました♪
急に暖かくなりました。

向かいの田んぼではトラクターが動き始めました。
c0169870_20314999.jpg

さあ、本格的に庭仕事の活動開始です。


まずは、冬姿だった「紫陽花」の花を落とし、
c0169870_20321989.jpg

(その下には、しっかり新芽が出ています。)

枯れた茎を整理し、
c0169870_2042424.jpg


今シーズン何度目かの落ち葉集めをしました。
c0169870_20433976.jpg


右手の機能がまだ完全ではないので、休み休みですが、
いつもの場所に「カタクリ」を発見したり・・・
c0169870_2044266.jpg

きれいになった花壇を見るのは嬉しいものです。

と、あちこちで野ウサギ君のしわざも発見!!
c0169870_20443177.jpg

ちょうどいい高さの枝で、歯を研いだのでした。

最近姿を見ないので油断していましたが、
枯れてしまった「バラ」もあります。
困ったものです。
しばらく苗木が大きくなるまで、網で囲まなくてはいけませんね。
[PR]
by nasutombo | 2016-04-01 20:46 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)