晩夏の花たち

サンジャクバーベナ」の上で何思う?
c0169870_11175017.jpg

香り高い「バラ」の中もいいね。
c0169870_11261981.jpg


ガーデンの縁は、小花たちが彩ります。
c0169870_11191390.jpg


エキナセア」が大きくなりました。
c0169870_11201271.jpg


四季咲きの「バラ」も次から次へと咲いています。
c0169870_11374298.jpg



c0169870_11223624.jpg


その足元を飾る、矮生の「ガウラ
c0169870_11235100.jpg

元来の「ガウラ」は大きく枝垂れるのですが、
背が低いピンク色が、蝶が舞うように風に揺れます。
c0169870_11254027.jpg


二番花の「ジキタリス」が今だ咲いていますが、
c0169870_11193816.jpg


早くも「シュウメイギク」が咲きだしました。
c0169870_11182272.jpg


そろそろ秋の気配を感じる庭です。
[PR]
# by nasutombo | 2016-08-22 11:28 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

夏野菜2016

那須の朝は、とんでもなく早い。
都会では7時過ぎまでベットの中なのに、
ここでは5時前には目覚めてしまう。
で、朝早くから野菜の収穫をする。

今朝、菜園で採れた野菜たち。
c0169870_1275930.jpg

このほか、「茗荷」や「オカヒジキ」「インゲン」なども採った。

ようやく収穫できた「パプリカ」の、なんともデカイ!こと。
c0169870_1283115.jpg


今年の夏野菜は、まずまずの出来のようだけど、
なぜか「トウモロコシ」がまったくの不調。
c0169870_1285988.jpg

たぶん全滅だろう・・・。 悲)
なので、友人畑の「トウモロコシ」を恵んでもらっている。

初めて作った「白ナス」は、へたのトゲが痛くてご用心。
でも、とっても柔らかくて美味しい。
c0169870_1293944.jpg


今年も雨除けのビニールをかけなかったのに、
大きな「トマト」が次から次へと出来て、嬉しくなる。
c0169870_1210464.jpg

しっかり者が、その「トマト」の成長過程で取ったわき芽を捨てないで植えたら、
充分育ってきて、これから秋まで楽しめそうだ。
c0169870_12103310.jpg


今年は間引きしないでそのまま育てた「オクラ」は、
c0169870_12105594.jpg

おかげで毎日たくさん収穫できる。

「オクラ」の成長は早く、採り遅れると固くて食べられない。
もし留守中、大きくなってしまったものがあったとしても、
そんな中にも適当な食べごろもあるだろう。
そう、たくさん有ればガッカリ度も下がるというものだ。

オクラの花」は、世界一美しい野菜花だそうだ。
c0169870_12111530.jpg

その実の切り口も、造形がなかなかきれいだと思う。
c0169870_12113584.jpg

たくさん採れる「オクラ」はせっせと刻んで、冷凍保存にしておこう。
血糖値の上昇を防ぐなど身体にいい、と先日TVでも言っていたし・・。

この葉っぱは何?? 葉を食べるの? って分からなかった野菜は、
じつはボルシチでお馴染みの「ビーツ」だった。
c0169870_1212092.jpg

菜園担当者がノートに書いていたのに、すっかり忘れていたのだ。
早々に葉っぱを食べなくて良かったね。 汗)
さて、サラダで食べようかな。

お盆には間に合わなかったけれど、「スイカ」の収穫もまもなく。
c0169870_12122079.jpg


こぼれ種から育った「マリーゴールド」に囲まれた菜園では、
c0169870_12124511.jpg

まだまだ楽しみが続きそうだ。
[PR]
# by nasutombo | 2016-08-16 12:17 | 菜園 | Trackback | Comments(4)

優しい春色

c0169870_23153263.jpg

東京からひと月遅れで、「モッコウバラ」が満開になった。

このバラは、東京の家で挿し木して、ここに植えたのだった。
寒さのせいか、こちらのは花びらが小さい気がする。
最初は野ウサギ君に齧られたりして、なかなか大きくなれなかったけれど、
今では、もっと頑丈なアーチにすればよかった、と思うほど旺盛な姿になった。
c0169870_2316170.jpg

さあ、バラの季節の開幕だ。

ライラック」の花も満開だ♪
c0169870_23162924.jpg

あたり一面に、甘くいい香りが漂う。
だから、蜂や蝶たちがひっきりなしにやってくる。
c0169870_23173019.jpg

そのせわしい光景は、見ていて飽きない。
この木も、いつのまにか大きくなった♪
c0169870_23295232.jpg


ピンクの「オオデマリ」も優しい存在。
c0169870_2318324.jpg


気づきが多いこの季節が、なによりも大好きだ。
[PR]
# by nasutombo | 2016-05-17 23:22 | ガーデニング | Trackback | Comments(6)

生命力

c0169870_1350119.jpg

超ドハデな「ボタン」が咲きました。
実はこの植物、去年、半分ほど虫がついて枯れてしまっていたのですが、
なんとか生き延びてくれたようです。

「カミキリムシ」の被害は多く、
高価だったピンクの「枝垂れエゴノキ」は、とうとう無残な姿になってしまいました。
c0169870_13503213.jpg

こちらは、もう回復の見こみはないようです。 涙)

こんな状況にガックリすることがありますが、
旺盛な生命力に驚かされることも、多々あります。

よく群生地に写真を撮りに行っていた「ヤマユリ」が、
いつのまにか我が庭にも、あちこちで芽生えてきました。

切り株横の通路だったり、
c0169870_1351853.jpg

ガーデン囲いの丸太の中からだったり、
c0169870_13513648.jpg

はては、「クリスマスローズ」の根元から育っています。
c0169870_1352325.jpg

その勢いに、嬉しいやら、困るやら・・・。

「ユリ科」の植物は、案外逞しいのでしょうか。
小さな花だから「チゴ(稚児)ユリ」と呼ばれる植物も増えました。
c0169870_13522495.jpg


購入した植物だって消えてしまうのも多々あるし、
当然ですが、この地にあったものだけが生命力を発揮できるのでしょう。

石炉のまわりの「サギゴケ」が、まるで雪が積もったように花を咲かせています。
c0169870_13525250.jpg

でも近づいて見ると、あの「ウワズミザクラ」の新芽の存在に気づきます。
c0169870_13531161.jpg

こちらの生命力には、負けるわけにはいきませんね。

茨城県の海浜公園には到底及びませんが、
ネモフィラ」が満開です。
c0169870_13592354.jpg

ペニーブラック」のネモフィラも、毎年咲いてくれます。
c0169870_1359407.jpg

とっても嬉しい生命力です。
[PR]
# by nasutombo | 2016-05-12 13:59 | ガーデニング | Trackback | Comments(0)

野鳥対策

c0169870_16174548.jpg

「クレマチス」が咲きだした。
ワタシは、この釣鐘状の形が大好きだ。

だから、「ブルーベリー」の花も好き♪
c0169870_16181852.jpg

この花の蜜はかなり甘いのだろうか。
よ~く見ると、アリンコさん達が忙しそう。

こんな小さな生き物だったら許せるけど、
この頃、ムクドリが花をついばむ光景を目にするようになった。
今までは糸で囲んでいただけですんでいたけれど、
とうとう、完全に甘い在処を知られてしまったようだ。

で、とりあえずネットをかぶせた。
c0169870_16184913.jpg

この作業、枝や葉にネットがひっかかり、けっこう難儀だった。
あとは、留守中に下から入ってこないことを願うのみ。
来年は木の高さを揃えるなどして、早めに対策をすべきかな。

向かいの田んぼに水が入った。
オットがその傍の土手で、今年最初の草刈りをする。
c0169870_16193067.jpg


いよいよ本格的な活動開始です。
[PR]
# by nasutombo | 2016-05-09 16:23 | 暮らし | Trackback | Comments(2)