春になると。

c0169870_1174622.jpg

貝のように小さな小さな、その名も「シジミソウ

田んぼでは水が張られ、田植えが始まった。
c0169870_1181114.jpg

で、その夜から田んぼではカエル君たちの大合唱!!
これをうるさいと感じる人は、とても暮らせない環境だ。

庭でも、あちこちで目覚めたカエル君たちを見つける。
c0169870_1193543.jpg

リムナンデス」の花の上には、小さなバッタ?の赤ちゃん。
c0169870_1110111.jpg

お目々がちょっと可愛い♪

なかなか成らない「リンゴ」の花の陰に、アリンコの足。
c0169870_11104055.jpg

ラナンキュラス」の茎にしがみつくテントウムシ。(ボケてるし・・)
c0169870_111192.jpg


ブルーベリー」の花のまわりでも、アリンコたちが大忙し。
c0169870_11114829.jpg

春になって、生き物たちも活発になった。

こんな小さいものなら許せるけれど、
この頃は、ヒヨドリが果樹の実どころか花まで狙うようになった。

花が無ければ実も成らない。
で、その対策は年々大がかりになり、
今年はとうとう大きな囲いまで立ててしまった。
c0169870_11122155.jpg

その囲いに入りきれない「ブルーベリー」は食べてもいいよ。

こちらは、去年から目をつけられた「ジューンベリー
1/3ほどは人間用に、と覆いをした。
c0169870_1113171.jpg


生き物との共存もなかなか難しい。
そして、
個人的には、この生き物!!だけは、何年たっても慣れることはない。
c0169870_11132979.jpg

・・・
って思いながら、恐る恐るカメラを向けたアタシ。(-_-;)
「人間に害は無い」と言われても、いま、この画像を見てもドキドキする。


気分を変えて。
爽やかな「キャットミット」の花。
c0169870_11135218.jpg

[PR]
# by nasutombo | 2017-05-13 11:17 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

がんばりました。

c0169870_1552314.jpg

我が家の「八重桜」も、なかなかきれいです。

風薫る五月、
巷では大型連休で楽しそうですが、
お天気も良く、私たちには大がかりな作業ができる最適日でした。

まずは、今頃ですが障子の張り替えです。
乾燥のためか、薪ストーブ後ろの障子が突然破れてしまったのです。
で、大きな障子6枚と小障子1枚すべて張り替えることにしたのでした。

デッキに出して、障子紙を外す作業。
c0169870_1561348.jpg

助手のワタシが手を出せるのは、ここだけです。

あとは、器用なオットが仕上げました。
朝8時からランチをはさんで午後3時まで、よくがんばりました。
c0169870_157342.jpg

真っ白な障子は、とても気持ちがいいものです。
小さなシワは、霧吹きをかけなくても、そのうち伸びるでしょう。

さて翌日は、デッキの塗装。
庇があって雨が当たらないところと、そうでない箇所の差は歴然です。
雨どいが無いため、雨が跳ね上がらないように竹を並べていた部分の支えは、
みごとに腐りかけていました。悲)
c0169870_1573162.jpg

さあ、どうしたもんでしょ。
早め早めに対策を取っておくべきでした。

この家を建てる時、外壁・デッキ・床・棚など、できる範囲の塗装は自分たちでやりました。
工務店の土場でだったり、デッキの下だったり・・・。
タイヘンでしたが、懐かしくていい思い出です。

だから、この作業はワタシも一人前です。
腰を労わりながら、がんばりましたよ。
c0169870_1581818.jpg

ようやく塗り終わったデッキに、桜吹雪が舞い降りました。
c0169870_1584223.jpg


懸案の支えの部分は、
応急処理的にポリで覆いをし、そして竹を載せました。
c0169870_1592554.jpg

果たして、いつまで持つのやら・・・。

ちなみに3年前、東京の家のデッキとハーゴラを作り替えました。
腐りにくい南洋材にしたこともありますが、小型乗用車が買えるほどかかりました。
そう考えると、ちょっと憂鬱。
オットを「物置小屋が作れたんだから・・・」とおだてれば、作り替えてくれるかな。


頭上高く、「ウワミズザクラ(上溝桜)」が満開です。
c0169870_1594574.jpg

[PR]
# by nasutombo | 2017-05-09 15:17 | 田園の家 | Trackback | Comments(2)

クリスマスローズ

c0169870_9243155.jpg

この花がいっぱいの庭を夢見て、
ワタシは、この地でガーデニングを始めたようなものだ。

最初に東京から持ってきたのが、この白い「クリスマスローズ」
c0169870_92527.jpg

今では、移植しようにも抜けないくらいに根が張り、
毎年根元には、こぼれ種からたくさんの新芽が育つ。
c0169870_9253083.jpg


それをポットに移し替えて大きくし、
花壇のあちこちに定植したり、友人にあげたりしている。

この植物は、三年ほどたたないと開花しないし、
また園芸店では高価で売られているけれど、
案外丈夫で、手がかからない。
c0169870_926075.jpg

だから、かなりワタシ向き。

嬉しいことに、
そんな「クリスマスローズ」の株が大きくなり、あちこちで満開だ。
c0169870_926308.jpg

・・・・
って、「八十八夜」を過ぎた今日の話題?(-_-;)


向かいの田んぼでは、代掻きが始まった。
c0169870_9265115.jpg

いよいよ田植えです。
[PR]
# by nasutombo | 2017-05-02 09:29 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

あっという間の春

c0169870_1827197.jpg

「ジュンベリー」の花が満開だ。
この実はジャムが美味しいのだけれど、
去年から野鳥に目をつけられてしまったから、もう収穫は見込めないかも。悲)

「プラム」の花はもう終わりかけ。
c0169870_18281341.jpg

二年続けて実が生らなかったけれど、今年はどうだろうか・・・。

美しい果樹の花もいいけれど、今週はやっぱり「桜」かな。
で、友人宅でお花見しながらバーベキュー♪
c0169870_18325495.jpg

川沿いの桜は、友人が小さな苗木を一本一本植えたそうな。
この見事な眺めも、来週には葉桜になるだろう。

我が家の「カタクリ」も、もうお終い。
c0169870_18285421.jpg

まもなく、まったく姿を消してしまう。
「スプリング・エフェメラル」のはかない命だ。

こちらは、黄色い西洋カタクリ「パコダ」
c0169870_18322325.jpg

[PR]
# by nasutombo | 2017-04-26 18:36 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

思いがけず。

c0169870_1123479.jpg

↓のお花見の帰り道、
憧れの花「カタクリ」の宣伝看板をあちこちで見かけ、
雨だし、ま、たいしたことないだろうけど、ヒマだし、寄ってみる?
と、まったく期待しないまま車を走らせた。

ところがなんと、その光景の素晴らしいこと!!
c0169870_11234839.jpg

ひと山全部、雑木林の中を、100万株ほどの「カタクリ」の群生が埋め尽くしていたのだ。

雨なので、花びらは開いてないけれど、
c0169870_11241265.jpg

それでも「感動」ものだった。
c0169870_11263845.jpg


また、「ショウジョウバカマ」の群生も有り、
c0169870_11244115.jpg


「水芭蕉」の花の爽やかさが、足元の悪さを補ってくれた。
c0169870_1125132.jpg


ぜひ来年、お弁当持参で、
晴天のもとで花開いて、ピンク色に染まった斜面を見たい!
と、強く思いながら帰ってきたけれど、
ワタシが「雨女」だと言う声もあり(-_-;) 果たして実現できるかな?

ちなみに満開時はこんな風。(パンフレットから)
c0169870_1126789.jpg


近場でもまだまだ未知の世界があることに、ちょっと驚いている。
[PR]
# by nasutombo | 2017-04-19 11:32 | 遊ぶ | Trackback | Comments(6)