甘~い期待。

c0169870_2383872.jpg

ジャガイモ植え」以外にも、この時期に急いでやらなくてはならない事があった。
春はさまざまな花が咲く。 
そして、その蜜を吸いにミツバチたちが活発になる。

・・・という訳で。
課題のひとつだったニホンミツバチの「巣箱」を作ることにした。
作業は土間で。
寒い日や雨の日などは、このスペースがほんとうに助かる。

まず、買ってきた板材をノコギリでカットし、
c0169870_22552414.jpg

合計8個のボックスを作った。
c0169870_22554727.jpg

このボックスに、こんな輪っかを作って組ませる。
c0169870_2256649.jpg


c0169870_2257325.jpg

ミツバチが出入りする穴は、カッターで削った。
c0169870_22573295.jpg

これは一番下の部分に取りつけた。
c0169870_22575593.jpg

4ボックスでひとつの巣箱。 それぞれに役割が有るらしい。
c0169870_22581357.jpg

蓋はこんな風。
c0169870_22583570.jpg

その上に屋根を乗せた。
c0169870_22585776.jpg

中には、採ってきた細い竹で、巣が落ちないように支えをつけている。
c0169870_22591489.jpg

最後に、腐らないように周囲を焼いて出来上がり。
c0169870_22593250.jpg

もうひとつは、木の輪っかではなく、針金止めにしている。
c0169870_2259536.jpg


で、敷地の隅にこうやって設置したけれど、ミツバチさんたちが気に入ってくれるだろうか。
c0169870_2302125.jpg

そうそう、この付近はタヌキがいるようで、「ムジナの里」とも呼ばれている地域。
タヌキに壊された隣村のMさんの話も聞いていたので、倒されないように大きな石を乗せた。


話は変わって、
播いた「レンゲソウ」の葉っぱが出てきた♪
c0169870_2354972.jpg

今年は、大好きな「レンゲソウ」の花が見られて、
しかも、その蜜を求めてニホンミツバチがやってきたら、ほんとうにラッキーなのだけど、
さてさて、そんな甘い話が実現するのか・・・。
[PR]
# by nasutombo | 2010-03-27 23:14 | 手作り | Trackback | Comments(12)

ジャガイモ植えつけ

2週間ぶりの畦道には、もうこんな姿の「フキノトウ」が目立っていた。
c0169870_2282361.jpg

さあ、いよいよ本格的な畑作業の幕開けだ。
今日は「ジャガイモ」を植えつけることにした。

買っておいた種芋を2~4つに分け、
c0169870_229316.jpg

切り口が黴びないように灰をまぶす。
c0169870_2292563.jpg

今年は張りきって「インカのめざめ」「男爵」「メークイン」「キタアカリ」の4種類。
c0169870_2294616.jpg

これがうまく育ったら、10倍以上の収穫になるらしいが、
ウチの場合は、お気楽・手抜き農作業だから、そんな事は期待しないことにしよう。

しばらく干しておき、夕方、他の作業が終わってからようやく植えつけをした。
c0169870_2210524.jpg

芽が出てきた頃に遅霜にあってダメになり、植えなおしをした年もあったから、あとは天に任せるしかない。
また、ここは去年「サツマイモ」を植えて失敗した場所。
今年は土の状態を改善したつもりだけれど、果たして3ヵ月後はいかに・・・。

さて、次回はいろいろな「種まき」をするつもりだ。
毎週通えればいいのだけど・・・と思いながら、再び都会人になるべく帰路についた。
[PR]
# by nasutombo | 2010-03-23 22:13 | 菜園 | Trackback | Comments(2)

残っていた杉材で。

建築用に製材した杉材の残りが、まだ工務店に残っている。
早く引き取らないと悪いなあ、と思いながらもその余裕がなく、晩秋になってようやく腰をあげた。

残っていたのは、かなり分厚い板材。
市場にはなかなか出ないような厚さの物ばかりだった。

前々から、木工用に譲って欲しい、と気軽に言っていた先輩も驚いてしまったらしい。
で、普通の物にしてしまうのはモッタイナイ、と表面をプロに挽いてもらって、こんな座卓にしあげていた。
c0169870_2374792.jpg

さて、我が家用は、
工務店で機械を使わせてもらったり、大工さんに貼ったり削ったりしてもらっって、
テレビ台」や、(これは、製材屋に持ち込んで、半分にスライスしてもらった。)
c0169870_2383098.jpg

土間用テーブル
c0169870_2384636.jpg

座卓」 を作った。
c0169870_2385949.jpg

そのほか、東京の息子の作業机にもした。
テーブル類はちょっと重厚すぎるかもしれないけれど、なかなかいい物ができあがったと思っている。
さて、あと数枚の使い道は・・・?
[PR]
# by nasutombo | 2010-03-18 23:12 | 手作り | Trackback | Comments(2)

春の気配

今年の冬は例年になく厳しい寒さだったけれど、ようやく春の気配が感じられるようになった。

アプローチ両側の花壇では、「クリスマスローズ」がみごとに咲き出していた。
c0169870_231643.jpg

去年、東京で鉢植えだったものを持ってきて、地植えにした花たち。
ちゃんと根づいてくれたようで、嬉しくなった。
c0169870_23162597.jpg


そのアプローチの枕木の間に、近所の先輩から分けてもらった「リュウノヒゲ」を追植した。
c0169870_23172617.jpg

こんな作業は、夫にかぎる。
植えた場所がまるで定規を使ったように揃っていて、先輩も感心していた。
ま、すぐに一面ミドリに覆われるようになるのだけれど・・・。

本格的な春が、まもなくこの里にもやってくるだろう。
次回の花壇の変化が、とても楽しみになってきた。

変化といえば、先輩から貰った「ロウバイ」2本。
今年はまだ無理だろう、と思っていたのに、そのうちの1本が花をつけていた♪
c0169870_2318634.jpg

来年は、もっとたくさんの香りを届けてくれるに違いない。 これまた楽しみだ。
[PR]
# by nasutombo | 2010-03-13 23:20 | ガーデニング | Trackback | Comments(2)

薪を叩く。

ようやく、春が近づいてきた。
c0169870_22254369.jpg

初めての冬。 
薪にもだいぶお世話になった。
薪ストーブを一日焚くと、東京の家より数段暖かくすごせる事に驚いた冬だった。

さて、そろそろ薪小屋内の整理をしなくてはならない。
c0169870_22241057.jpg

この場所は建物の北側だけど、あんがいと日当たりがいい。
結果、奥の薪より南側の薪の乾燥進行が早く、積んだ薪がだんだん南に傾き飛び出してくる。
で、こうやってトンカチで叩いて直すことになる。
c0169870_222628.jpg

あいにく雨降りの週末で、薪小屋の片づけは終わらなかったけれど、
こんな作業のひとつひとつが、厳しい冬を乗り越えるため、と思うと苦にならない。

c0169870_22263561.jpg

蕾が開きだすのも、もうすぐだ。
[PR]
# by nasutombo | 2010-03-10 22:29 | 薪ストーブ | Trackback | Comments(4)